日本と海外の歯科治療の考え方について!ホワイトニングジェルで歯を白く!

ホワイトニングをする前にしっておきたいこと

歯医者は痛いよ、虫歯にならないようにしようね!や、こわーいよドリルとか機械でチュイーンってやるんだよ。などとお子様に声をかけられている親御様。また自分が声をかけられた経験がある、実際に歯医者についてはそのように考えたことがある方というのは多いんではないでしょうか。

確かに歯医者の治療は他の病気や怪我よりも怖いものかもしれませんがそれは日本が予防に力を入れておらず、虫歯が深刻になってから来る人が多いのです。

実際に海外では予防に力をいれていて、治療になりますと高額になります。日本ではその逆でして治療は安いけれど予防は高額です。この違いが認識の違いを生んでいるのだと私は思います。
海外では保証があつく、家族揃って週末に歯医者に行くなんていうことは当たり前に行われています。日本では普段見慣れない光景ですよね。ただ、その普段からの歯に対する意識の高さや習慣的に通うことによって苦手意識をなくします。また定期的に通院することによって歯の状態もいい状態で保てます。そうすることによって歯のダメージが少ないうちに治療ができるので、痛くない怖くない治療ですみます。

ところが日本はどうでしょう、そちらの全く逆と捉えていただいて良いかもしれません。
確かに日本は治療の価格はそう高くはないですが定期的な通院でその金額を請求されていらっしゃいますと馬鹿らしく思えてしまうかもしません。
私はこの日本の歯に対する治療の苦手意識を消して行くことが今後の課題ですしそれはいくら歯科医院が取り次いでいたとしても個人の考えが結果に出なければこちらは意味がないものかと思います。
ですから歯医者に対する苦手意識を少しずつ減らしていただきたいです。
私には何もできませんけれども、歯はなくはったらもどりませんし、入れ歯などもいれることはできます、ただしそういった治療は負担がかかります。金銭面、というよりも例えば入れ歯でしたら歯の違和感。噛んでる感覚などは自分の生えていた歯とは同じにはなりません。また入れ歯でしたら周りの歯が健康状態に問題がないことやしっかりしているということが前提になります。
日本は高齢化社会でございまして、そういうことはつまり人生生きている時間がながいということです。その中で食事は三回、あるいはもっと多く取るかと思います。
その食事を楽しむためにはやはり健康な歯であること。また治療に怖がらずに行くことが必要だと思います。予防に日頃から気をつけて通院して、美味しいものを人生でたくさん皆様には食べて欲しいと思っております。

虫歯予防には、寝る前の歯磨きが一番効果的です!

歯には人それぞれ、体質と同じで虫歯になりやすい人、
なりにくい人といるでしょう。
ただ、共通して言えるのは虫歯予防に一番効果的なのは、
やはり歯磨き、それも寝る前の歯磨きをしっかり行う事で、
虫歯になるリスクを大分減らせるはずです。

というのも、起きている間は殺菌作用もある
唾液が分泌されるので、例えば昼間の歯磨きを
怠ったとしてもさほど影響はありません。
でも、就寝中は唾液の分泌量が極端に減るので
寝る前の歯磨きを充分に行う必要があるのです。
私自身、寝る前の歯磨きには毎日15分程度時間をかけて
丁寧に1本ずつ行っています。
その甲斐あって、小学校卒業以来、虫歯で歯医者さんに
お世話になった事は1度もありません。
妊娠中の歯科健診でも、取るべき歯石がない!
と歯科医に言われ、驚かれた位です。
因みに、1日の中で行っている歯磨きは朝食後と就寝前のみです。

ただ、磨く時に注意したい事が一つあります。
それは、力をあまり入れすぎないと言う事です。
力を入れ過ぎると、歯のエナメル質を傷つけてしまい、
逆にそこから雑菌が入りやすくなる可能性があるので
ほどほどの力加減で、磨く事が大切です。

磨く際のコツですが、下の奥歯から磨いていくと磨き残しが無いでしょう。
奥歯は全ての面を丁寧に磨きます。
下の犬歯、前歯は歯磨き粉が軽く跳ねる位、磨いてもいいのですが
下の歯は基本的には唾液で殺菌されているので、
さほど気にしなくても大丈夫でしょう。
問題は上の前歯の裏です。
日本人の多くは、深いポケット状になっているので
横に磨くだけだと、磨き残しがあると言われています。
1本ずつ丁寧に、歯磨き粉が跳ねる位、磨いてもいいでしょう。
最後に口を『イーッ』の形にして、磨く際に
ローリングブラッシングと縦磨きの両方をお薦めします。
ローリングブラッシングは、歯ブラシを歯に丸く当てながら
洗車するように磨く磨き方です。
こうすることで、歯茎も引き締まるので、歯槽膿漏などの
防止にもつながります。
更に縦磨きをすることで、歯を1本ずつ磨けるので
歯の隙間まで磨く事が出来、虫歯予防につながる事は言うまでもありません。

ここまで、寝る前の歯磨きの重要性を述べましたが、
時間があれば、起床後の歯磨きもお薦めします。
というのも、就寝中に唾液が分泌されなかったため、
起床後は、口内細菌が一番多い状態なのです。
時間が無い場合は、口をゆすぐだけでもいいでしょう。
私は時間がないので、顔を洗うついでに口をゆすいでいます。
その代わりと言ってはなんですが、朝食後に歯磨きを行っています。
朝食後はしばらく食事をすることはありませんよね。
なので、歯を磨いて細菌がいない状態を少しでも長く保っておくのです。

それぞれのライフスタイルがあるでしょうが、
虫歯になりたくない!という場合は、寝る前の歯磨きだけは
しっかり行うことを、是非お薦めします。

参考サイト→ホームホワイトニングジェルランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です