ずっとキープしていた体重が増えた理由は生活にあった?

もともとあまり太らない体質のため、子供の頃からダイエットとは無縁でした。定期的に運動もしていて、習い事として多い時には週に4日ほど運動してい時期もあります。おかげで高校1年生から体重は3kg程度の増加で20年以上過ごしてきました。
しかし、子供ができてから体重がちょっとずつ増えてきたのです。運動する時間が激減してしまったこともありますし、やっぱり40歳を過ぎて基礎代謝が減ってきたりしたのかなと思っていました。それでもまだまだ標準体重内ですし、大丈夫だろうと思っていました。
ところが、ついにずっと20年以上もキープしていた体重から3kgも増加したいたことに気づき、初めて本気で危機感を抱いたのです。このままだと、ズルズルと太っていってしまう、今動かないとどんどん痩せづらくなってしまう、なんとかしなくちゃ、と対策を考えることにしました。
なぜ自分の体重は増えてしまったのか、色々普段の生活を見直してみます。そこで思い至ったのが子どもができてから変わってしまった食事です。うちの子供は非常に小食で、しかも偏食家です。我が家や外食が大好きなので週に数回外食をするのですが、外食などに出かけても、全部食べ切れなかったり、食べられない食材がたくさんあります。それをいちいち私が食べていたのです。自分の食事にプラスして子供の残した分を余計に食べるようになったのですから、それは体重が増えるのはごく当たり前のことだったのです。
そう気づいて以降、外食をする場合は子供が残すことを見込んで自分の食べるものをオーダーすることにしました。がっつり自分の食べるものは頼まず、サイドメニューなどを頼んで量を調節することにしたのです。自分が食べたいものを自由に食べられないのは少し残念ですが、それでも食べ終わった後に「もうお腹いっぱいで動けない」ということがなくなりました。
それに慣れてくると、だんだん食べる量もがっつり食べずに満足できるようになってきました。大食いだった私は他の人よりもいつもたくさん食べていましたが、意外と量が少なくても大丈夫なんだとわかります。少しずつ食べる量が減ってきています。
目標は急激に痩せるとリバウンドも怖いし、無理はしたくないので1年間で2kg減ればいいやと思っています。食事を無理なく減らし、仕事中や日常生活でちょこちょことながら運動をして減ってしまった筋力を戻して基礎代謝をあげることで、なんとか達成しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です