子供の歯はブリアンと歯医者さんで治すのが一番いいよ!

以前よりお世話になっている歯医者さん。
大人になってからの矯正もお世話になり、とても腕がいいと評判の歯医者さん。

そこで久しぶりに歯を診てもらっていると、左下の親知らずが横に生えていることが気になるなと言われてしまった。

いつか虫歯になってしまうと膿がたまり、とてつもなく痛むそうだ。

できれば早めに抜いたほうがいいね。とあっさり言われ。

悩みつつ、以前妊娠中に歯周病にもなりかけて歯がものすごく痛くなったことを思い出して抜くことに。

よく下の親知らずは大学病院や大きい病院での抜歯になると聞いていたが、先生はやる気満々。

当日も「素直な歯だからすぐ抜けるでー」と言われて、そんなもんかと考えていたら・・・

いつまでも経っても抜けず!

必死に先生が色々してくれるも抜けず!

麻酔も追加で3本!

口を開けるのも痛くなってきて、口を開けながら「抜くんじゃなかった・・・」と何度思ったことか。

そして先生はその医院に一人なので、後ろに待っている患者さんがどんどんたまっていく。

「もういいです」と何度も言いかけたけれど、どんな状態になっているかも分からない。

あぁ、保育園に行っている子供たちのお迎えに間に合わない!

少し中断していただいて、近所に住んでいる実母に電話。

快くお迎えを引き受けてくれたものの、私の気持ちはどんより。

先生がものすごい力でやってもなかなか抜けず、意識も朦朧としてきた時にやっと。

「抜けたー!」先生が大喜びでした。

2時間かかってる。

私は脱力。
口の中は血だらけだし、開け続けた口が痛い。

そして後ろの患者さんたちの視線も怖い。

頭を下げながら医院を出て、帰路。
実家の両親には「悲壮な顔してるで」と言われて、子供たちにも「大丈夫?」と何度も心配そうに言われた。

もちろん食べ物は食べられず、口の中には綿を詰めた状態。

「抜くっていうんじゃなかった・・・」と抜いた後にまた思った。

麻酔が切れると痛みだすし、辛い数日だった。

夫も同じ歯医者さんで抜歯したのだが、「抜くの大変やったわ」と言っていた夫がかかった時間は1時間足らず。

先生の見立ては一体?と思ったものの、親知らずを抜くというのは本当に大変なんだなと痛感した1日でした。

しかしその後はめきめき回復し、穴がすっかり塞がれた頃には口の痛みなど忘れてしまいました。

その翌年の先生からの年賀状には「親知らず!お疲れさまでした!」と書かれていて苦笑い。

今では笑い話になっていますが、子供たちが歯を抜く時には大きな病院で抜くことをお勧めしようと思っています。

参考サイト

歯医者さんがなんでそんなに苦手なのかを伝える記事

虫歯、歯槽膿漏、親知らずを抜くとか歯石を取りに行くなど歯医者に行く必要があります。

しかし 歯医者は昔から凄い苦手なのです。

歯医者で昔 とんでもなく痛い経験をした事があり 輩からフルボッコにされたのと同格の痛みだったのを覚えてます(小学校の時)

それ以降 いかに歯が痛もうと中学時代は 歯から膿が出ようと歯医者に行きませんでした。

そのうち は歯の痛みが頭痛に繋がり 何をしていても歯の奥から頭の奥にかけて 雷が鳴るような痛みに変わり 仕方なく高校二年生の時に歯医者に行くことにしました。

痛みを和らげるため 思い切り 太ももをつねるし足と足を合わせて下半身に力を入れて 初回の下の歯の虫歯を削るのに耐えたはずです。

しかし 変に怖がって損をしたのか ほとんどダメージを食らいませんでした。

ずっと放置しておいた虫歯は 抜歯が必要でした。
歯を抜く前の日や数日前は どんなに憂鬱だったのか当時の怯えようは凄かったです。

そして抜歯の当日 長くなるとの事ですが 麻酔も ズシリと重いものは感じましたが たいして痛くはなかったです。

でも 根が深く複雑だったらしく 血が流れつつも長時間 かかったのは確かです。痛いというのはさほど感じませんが 長い治療時間で時々 歯を何かでグリグリとやる音が響いて困ったのは確かです。

結果 痛さよりは 音と長さが苦痛の抜歯でした。
抜歯してからの処置はブリッジにしました。

しかし高校二年生からの奥歯のブリッジは未だによく持ってます。

ブリッジをやりかえた事もありますが 一度抜いた歯の奥が痛むとかブリッジが合わないなんて事はありませんでした。

歯医者の治療法で痛いのは 削った後に大きく穴が空いた場所に 風をズバッと送る時です。

傷口にボデイブローを食らうような気持ちです。
斬られるというか 秘孔を突かれるという表現がふさわしいかもしれません。

歯医者の治療で痛いドリルでの作業は 足をつねるとか 骨を自分の手でグリグリとさせて気を紛らわすのが一番です。

アドレナリンが出ている時なら なんなあ コラ?という気持ちで むしろ来い来いって気持ちになるのがドリル治療です。

でもノーガードで リラックスしてたら やはり痛いので身体の神経を張り詰めておく事が 大ダメージを防ぐ秘訣です。

歯医者によりますが虫歯でなくて歯石を削る時に 血が出たりして やらしい痛みがある場合があります。

一撃の破壊力はありませんが歯石を削る作業は じわじわズシリとくる やらしい痛みが特徴です。
削られて終わった後も不快感があり 土木建築作業でクタクタヘロヘロになった時に感情的には似ています。

負の感情になるので 虫歯ならぬ歯石を削られても 痛かったなら そのあと 気分転換してエネルギーをためる事も必要だと学びました。

参考サイト 日本歯科大学